子供の病気119番 〜 小児科疾患マニュアル

NLPコーチング行政書士|札幌  相続|離婚相談|札幌  車庫証明|札幌
子供の病気119番 〜 小児科疾患マニュアル
.

ようこそ

医学博士
菊 田 英 明
離婚・相続の菊田法務事務所

特定医療法人 東栄病院
副院長 小児科医長
医学豆知識はこちらから

北海道大学 客員教授

株式会社 イーベック
 技術アドバイザー

詳しいプロフィールはこちら





特定医療法人 とこはる 東栄病院
副院長 小児科医長 菊田 英明
北海道大学 客員教授
株式会社 イーベック 技術アドバイザー

子供の病気119番〜小児科疾患マニュアル

このサイトに掲載されている病気の診断・治療・その他の情報は, 医師による診察の代わりになるものではありません。 万一,情報の利用の結果,利用者において不都合が発生しましても, 当方では責任は負えないことをご了解の上,ご利用いただきますようお願い致します。
当ページは,全ての著作権は,菊田英明 医師にあります。
私的利用の範囲を超える場合は,こちら までご連絡ください。

T 子供の病気〜症状


発熱について

<どのような熱ですか>

<熱の原因が重要>

<家庭での手当て>

咳について

<どのような咳ですか>

<受診を必要とする咳>

<家庭での手当て>

<呼吸困難の見分け方>

<観察のポイント>

<呼吸困難を起こす病気>

下痢について

<どのような下痢ですか>

<受診を必要とする下痢>

<家庭での手当て>

嘔吐について

<どのような状態ですか>

<家庭での手当て>

<参考>

脱水(水不足)について

<脱水とは>

<どのような時に、脱水になりやすいか>

<脱水の症状は?>

腹痛について

<どのような腹痛ですか>

<表現の仕方の違い>

<受診を必要とする時>

<腹痛に対して、どのように対処したら良いか>

熱性痙攣(けいれん)


U 子供の病気〜疾患

小児科疾患

風疹 (3日ばしか)

<潜伏期間(感染から症状がでるまでの期間)>

<症状>

<合併症>

<注意点>

<登園、学校へは>

流行性耳下腺炎 (おたふく、ムンプス)

<潜伏期間(感染から症状がでるまでの期間)>

<症状>

<合併症>

<注意点>

<登園、学校へは>

突発性発疹

<症状>

<注意点>

ヘルパンギーナ

<潜伏期間(感染から症状がでるまでの期間)>

<症状>

<注意点>

<登園、学校へは>

手足口病

<潜伏期間(感染から症状がでるまでの期間)>

<症状>

<注意点>

<合併症>

<登園、学校へは>

咽頭結膜熱 (プール熱)

<潜伏期間(感染から症状がでるまでの期間)>

<症状>

<注意点>

<登園、学校へは>

伝染性紅斑 (リンゴ病)

<潜伏期間(感染から症状がでるまでの期間)>

<症状>

<注意点>

<登園、学校へは>

副鼻腔炎(蓄膿を含む)

<副鼻腔とは?>

<乳幼児の副鼻腔炎の特徴>

<副鼻腔炎の症状>

<副鼻腔炎の原因>

<期間による分類>

<ウイルスが原因の鼻炎、鼻かぜと、細菌が原因の副鼻腔炎との区別は難しい>

インフルエンザで知っておきたいこと

<インフルエンザ脳炎・脳症>

<インフルエンザ脳炎・脳症の症状>

<前駆症状>

<解熱剤の注意>

<ワクチンの効果>

<検査>

<抗ウイルス剤の効果>

<1歳以下の乳児へのタミフル使用に関して>

<インフルエンザの登園、登校に関して>

喘息様気管支炎

<喘息様気管支炎とは>

<症状>

<喘息様気管支炎と気管支喘息の鑑別>

(参考)気管支喘息とは

気管支喘息

<気管支喘息とは?>

<どのような時に気管支喘息を疑うか?>

<気管支喘息は、いつ発症しますか?>

<小児の気管支喘息は直りますか?>

<原因、誘因は何ですか?>

<発作の程度とその対応>

<治療の原則>

アトピー性皮膚炎

<アトピー性皮膚炎とは?>

<原因の検索>

<アトピー性皮膚炎は治るか?>

<治療>

溶連菌感染症(猩紅熱)

<溶連菌感染症とは?>

<症状>

<合併症>

<注意点>

<登園、学校へは>

麻疹 (はしか)

<麻疹とは?>

<症状>

<合併症>

<注意点>

<登園、学校へは>

水痘 (水ぼうそう)

<水痘とは>

<症状>

<合併症>

<注意点>

<登園、学校へは>

ヘルペス性歯肉口内炎

<どんな病気か?>

<症状は?>

<治療>

<家庭で気をつけること>


V 子供の病気〜その他

子供の病気

薬の与え方

<薬に関する一般的注意>

<粉薬>:粉薬をそのまま飲めない時

<水薬(シロップ)>

<座薬>

解熱薬の使用について

<何度くらいで解熱薬を使用したら良いか>

<挿入した座薬が出てきてしまったら>

<解熱薬の効果>

ダイアップ(ジアゼパム)坐剤の使用法

<使用方法>

<注意事項>

<投与量>

外来でのよくある質問

1)ご飯が食べられないから点滴をしてほしい

2)のどが赤くないのに、どうして熱がでるの?

3)熱が出たので抗生物質がほしい

4)鼻水が、黄色くなってきたので、抗生物質がほしい

潜伏期と感染性期間


W 菊田英明医師の研究業績

菊田英明の研究業績

研究業績(和文)

I. EBウイルス関連

II. ヒト・メタニューモウイルス関連

III. 川崎病関連

IV. A群β溶血性連鎖球菌関連

V. 病原大腸菌

研究業績(英文)

I. 著書

II. 綜説

III. 原著

IV. 症例報告


.bar